不可能

ああもう、

 

スベスベなお肌に触れることも

 

抱きついてきてくれることも

 

作ったものを自慢してくれることも

 

目を合わせてにっこりわらうことも

 

一緒にお歌を歌うことも

 

まどろんでいる目を見ることも

 

30分以上背中をトントンし続けることも

 

オムツを変えることも

 

うんちの報告をされることも

 

ずるずるの鼻水をふくことも

 

だらだらのよだれをつけられることも

 

唐突に鼻くそを渡されることも

 

小さな体を抱きしめることも

 

拙い言葉で一生懸命話す話を聞くことも

 

絵本を読んでと言われることも

 

お着替えで笑い合うことも

 

意味のわからない遊びをすることも

 

少し怒りすぎてしまうことも

 

落ち込む姿を見ることも

 

ママとパパに会えたときの最高の笑顔を見ることも

 

小さな手でぎゅっと手を握られることも

 

小さな手をぎゅっと握ることも

 

ないんだ。

 

全部ないんだ。

 

あの子たちとこの時間を過ごすのはもう不可能なんだ。

 

寂しいなんて言葉で表しきれないんだ。

 

涙が止まらないんだ。

 

道を歩いていても

電車に乗っていても

暗かろうが明るかろうが

人がいようが人がいまいが

 

涙が止まらないんだ。

 

大人になったら忘れちゃうのかな。

 

ドラえもんの歌詞が染みる。