何気ない

まどろんでたらおはようが聞こえてくるの


ご飯

ひとくち食べたら交換するの


散歩

小さな手を伸ばした先には大きな手があるの


夕方

ただいまと同時に長い腕が身体を包みこむの


洗濯物

小さいのはわたしで大きいのはあなたが干すの


おやすみ(またあした)って伝えあうの


何気ないなんてとんでもない

何気ありすぎだよ


何気ないものにしたいよ


何気あるけど何気ない毎日を送りたいよ


はぁ


つないでた手を離したの

気持ちと反対向きの電車に乗ったの


また会えるよ、

そんなことわかってるよ


ただちゃんと寂しいの